2 ダイビングは続けやすいレジャーです  その一~その三

ダイビングは続けやすいレジャーです その一 予定した日程で楽しめます(横浜市鶴見区)

ダイビングを実施するかどうかは天候、水温、透明度などにより決めますが、台風が接近しているなどの場合を除き、予定した日に安心して楽しめるポイントを見つけることができます。近場でも三浦半島、小田原、沼津などポイントが多く、宿泊ダイビングでは伊豆半島まで足を延ばせるので更に多くのポイントから最適な選択ができます。

IMG_4528-1

他のマリンスポーツでは上達するほど特別なコンディションを求める傾向がありますが、ダイビングでは事前に予測したコンディションで楽しめる確率が高い分、自分の予定に合わせた日程で満足度の高い一日を過ごすことができるでしょう。

 

おすすめ

自然相手のダイビングですから自然に合わせた予定をたてなければなりません。季節ごとの天候変化や海況、潮汐などを考慮して無理のない実現性の高いダイビングプランを立てられる様になるのも大切なダイビングスキルの一つです。

 

 

ダイビングは続けやすいレジャーです その二 気軽にダイビングするには

体験ダイビングや体験スノーケリングであれば全てインストラクター任せで気軽に楽しめます。Cカードを取得して参加するファンダイビングからは講習で覚えたはずの知識とスキルが身についている前提で参加することになるので、自信が持てるまではCカード取得コースを担当したインストラクターとダイビングするのは良い方法です。興味を持ったダイビングスタイルやポイントを目標に上達を実感しながら一つ一つ実現させてみてはいかがでしょうか。趣味を楽しむレベルは人それぞれの価値観なので無理のない自分に合った計画を立てましょう。

おすすめ

これからダイビングを始めようとしている皆様も健康や体力維持に気を付けながら次のダイビングを楽しみにするようなライフスタイルはいかがですか?海に出る準備も楽しいし、準備が整った状態でのダイビングは最高に楽しいです。

 

 

ダイビングは続けやすいレジャーです その三 ダイビングスキルは体が覚えています

ダイビングスキルは一度身に着けるとしばらく離れてしまった場合でも思い出すのにそれほど時間はかかりません。一度スキルを身に着けるとはアドバンスレベル以上のスキルと50~100回以上のダイビング経験程度とすれば(詳しくは「ダイビングスキルと経験について」を参照してください)1年以上ブランクを開けたとしてもリフレッシュコース1回、海洋ダイビング2日程度あれば安心してファンダイビングに参加できるようになるでしょう。(初~中級レベルのダイビングです)

main-1

おすすめ

何らかの事情で海から離れてしまいそうな時も、ブランクを開けてしまうより数カ月に1回でも忘れない程度にダイビングに出かけてみてはいかがでしょうか。一度スキルや経験を身に着けてしまえば細くも続けられるのがダイビングです。そしてまた時間が取れるようになったら存分に楽しみましょう。